日本の牛丼チェーン店。

「牛丼」の他に「カレー」も売りのお店。

従来の牛丼チェーン店と違い、まぐろやその他の丼もの、スイーツなどもありメニューが豊富。

また、席もカウンターだけでなくテーブル席があり、ファミリー向けであることからファミレスを連想させる。

クーポン

sponsored link

すき家をもっとお得に利用できる方法は、現在(2017年5月)以下の4通りです。

  • モバイル会員になってクーポンをもらう。
  • 公式LINEにともだち登録してクーポありンをもらう。
  • 株主優待
  • 洋楽リクエストしてお食事券5枚もらう。

それぞれ詳しく紹介していきます。

モバイル会員になってクーポンをもらう。

すき家のモバイル会員になると、不定期ですがお得なクーポンがもらえます。

過去のクーポンを例に載せます。

sponsored link

その他お得なキャンペーンもお知らせしてくれるので、是非モバイル会員に新規会員登録することをオススメします!

>>新規会員登録はこちらから!

公式LINEにともだち登録してクーポをもらう。

sponsored link

すき家には公式LINEがあります。

LINEアカウントにともだち登録すると、お得なクーポンがもらえます。

現在(2017年5月)はお得なクーポンが送られてきませんでしたが、

不定期でクーポンがもらえるので是非ともだち登録してみてください。

株主優待

すき家の株を保有するとお得な株主優待があります。

嬉しい特典内容はこちら!

100株 1,000円相当
300株 3,000円相当
500株 6,000円相当
1,000株 12,000円相当
5,000株 30,000円相当

洋楽リクエストしてお食事券5枚もらう。

sponsored link

すき家では、店内で独自の「SUKIYA RADIO」を流しています。

今回、そのすき家ラジオで流す曲のリクエストを、エピソードとともに大募集!

採用されれば2017年6月に店内でリクエスト曲が放送され、

抽選で4名の方に『牛丼お食事券5枚』がプレゼントされます♪

内容をまとめました。

内容 「すき家ラジオ」で洋楽リクエストを、エピソードとともに大募集!

採用されると、、

  • 2017年6月に店内でリクエスト曲を放送!
  • 抽選で4名の方に『牛丼お食事券5枚』プレゼント!

応募締切 2017年5月30日(火)
条件 すき家モバイル会員であること。

>>新規会員登録はこちらから!

アプリ

すき家には公式アプリは存在しませんが、モバイル会員というものがあります。

モバイル会員になるとメリットもたくさん!

  • クーポンがもらえる。
  • Myすき家という会員専用ページがあり、楽しい遊びもある。
  • 通販を利用するとeポイントがたまる・たまったeポイントで買い物ができる。

無料で新規登録できますので、是非登録することをオススメします。

>>新規会員登録はこちらから!

カロリー

sponsored link

牛丼と言えば、「すき家」、「吉野家」、「松屋」ですよね。

そこで牛丼の気になるカロリーを比較してみました!

牛丼
(サイズ)
すき家 吉野家 松屋
並盛 656kcal 669kcal 711kcal
大盛 845kcal 929kcal 948kcal
特盛 980kcal 1063kcal 1302kcal

この中だと「すき家」が一番カロリーが低いことが分かります。

カロリーを気にする女性の方必見です!

「牛丼」をよりヘルシーに食べたければ、是非「すき家」をお選びください♪

メニューランキング

すき家の人気メニューはこちら!

是非参考にしてみてください。

第1位

牛丼
並盛350円(税込)

第2位

3種のチーズ牛丼
並盛490円(税込)

第3位

牛あいがけカレー
並盛630円(税込)

第4位

ねぎ玉牛丼
並盛470円(税込)

第5位

おろしポン酢牛丼
並盛470円(税込)

キングとメガとは?

sponsored link

すき家には、メニューには載っていない「キング牛丼」が存在するのをご存じですか?

これはいわゆる“裏メニュー”というものです。

食券などはないので、店員さんに直接オーダーするかたちになります。

「メガ牛丼」はメニューに載っている中で一番大盛りになります。

詳しい内容はこちら!

  • キング牛丼
    (ご飯 並の約3倍弱、肉 並の約6倍)
    1,140円(税込)
    2,240kcal
  • メガ牛丼
    (ご飯大盛、肉 並の約3倍)
    730円(税込)
    1,163kcal

こうして見ると、「キング牛丼」は「メガ牛丼」の約2倍の量ということがわかりますね。

牛丼好きの方は是非一度試してみてはいかがですか?

おすすめ記事